歴史ある高級住宅地と、華やかな飲食店が密集した繁華街が隣り合う東京・赤坂。東京メトロ赤坂駅・赤坂見附駅いずれからも徒歩5分、ビルの4階にある日本料理『赤坂 詠月(あかさか えいげつ)』。エレベーターを降りて歩を進めると、店名が小さく染め抜かれた暖簾がゲストを出迎える。

店主は岩﨑秀範(いわさき ひでのり)氏。東京都内の鮨屋や日本料理店などで勤務ののち、京都「あじ花」や「炭屋旅館」で修業。東京に戻り2010年9月に独立し、『赤坂 詠月』をオープンした。

供されるのは、京料理の流れを汲む、日本の四季の移り変わりを皿の上に美しく映し出すような、旬の野菜や魚で構成される12~13品の仕立て。たとえば春ならタケノコ、夏は加茂茄子、秋は海老芋、冬は聖護院かぶらなど。岩﨑氏が豊洲市場で日々出会う旬の食材と、修業時代からつきあいのある農家から直接仕入れる京野菜。食材をまるで子どものようにいつくしみ、そのポテンシャルを最大限に引き出す腕が岩﨑氏の持ち味だ。

Shop Info

所在地:東京都渋谷区上原1-17-7

店舗情報:https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13116523/

Shop Images