経産業消費研究所調査によると、人生で衝動買いをしたことある方の割合は100%。そして、80%の人々が日々衝動買を行っています。それでも衝動買いの購入後の満足度は70%と高いデータが出ています。

加えて、食品の衝動買い満足度は90%です。この数字は、年々上がっています。消費者ニーズの多様化により、ここ数十年の間に日本の小売業態は大きく発展を遂げてきました。

加えて、食品の衝動買い満足度は90%です。この数字は、年々上がっています。消費者ニーズの多様化により、ここ数十年の間に日本の小売業態は大きく発展を遂げてきました。

対面推奨販売よりも無人推奨販売が主流になってきました。特徴的な商品を揃え、心に響く接客により、「モノ発想のショッピング」から、ショッピング自体を楽しむ「コト発想のショッピング」が増え、衝動買いにニーズが移行しています。

ファーストリテールというプラットフォーム

この衝動買いの欲求を、あえてブランドにこだわらず、次々と新商品を展開することで満たし続ける「ファーストリテール」 。MIGグループはファーストリテールのパイオニアとして、ブランドを育成し、リピーターを求める時代から、顧客を飽きさせず常に新しい体験を求めるニーズに応え続ける時代を切り開き、そして世界に進出していきます。

MIGホールディングスのファーストリテール

M&Aにより危機的後継者問題改善に貢献

2025年までに後継者問題による廃業で、60万社、650万人分の雇用、22兆分のGDPの喪失の危機が懸念され、中小企業の大廃業時代にすでに突入しています。弊社が手掛けるM&Aは、優秀な自社スタッフによる経営と、膨大な販売力と全国規模を誇る営業展開により、こうした日本国内の危機的後継者問題の緩和と解決に貢献していきます。

MIGホールディングスのM&A